RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症
椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症の鍼灸治療はこちらをクリック




ヘルニアは正しくは椎間板ヘルニアと呼ばれる病気で腰(腰椎)や首(頸椎)によく起こります。急激な外力が加わったり繰り返し重たいものを持ち上げるような作業を行うことで背骨のクッションになっている椎間板が変形したり飛び出したりしてそばを走る神経を圧迫して頑固な腰痛や脚のしびれを生じさせるといわれています。
現在は、手術をせずに治療を進めていく保存療法が主流になっています。椎間板ヘルニアによる腰痛や足のしびれ・痛みは非常に激しいこともあり、保存療法では痛みのコントロールが治療の中心になります。整形外科では鎮痛薬や神経ブロック注射を用いますが、鍼治療による痛みの緩和も非常に有効です。
圧迫された神経は興奮し、痛みやしびれを起こす原因となります。針を刺し入れることにより、興奮して過敏になっている神経の沈静化を図ります。
また、痛みのある場所は筋肉が緊張して硬くなっていることが多いので、筋肉を緩めるために、痛む場所に直接、そのほか関連するツボにも針を刺入します。
すると、筋肉が柔らかくなるため血流が良くなり、椎間板にかかった負担が軽減されるため、その結果痛みが緩和されます。また、クッションとしての椎間板の機能が回復し、痛みが楽になります。
鍼治療は椎間板ヘルニアの治療には、大変効果のある治療法です。痛みに悩んでいる場合は、治療を受けてみることをオススメします。
==============================

松鶴堂鍼灸院


住所 広島市東区光町1-11-5
チサンマンション306


TEL 082-264-7724【要予約】


平日     9:30〜20:00(最終受付 18:30)
土曜・日曜  9:00〜18:00(最終受付 17:00)


定休日  なし

URL  

広島の鍼灸治療なら松鶴堂




アクセス JR広島駅新幹線口より徒歩3分

予約専用メール syoukakudou@ezweb.ne.jp



==============================
author:松鶴堂治療院, category:ヘルニア, 15:45
-, trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 15:45
-, -, pookmark
Trackback
url: http://kosikata.jugem.jp/trackback/115