RSS | ATOM | SEARCH
古い痛み、慢性痛、神経痛に鍼灸治療
初めて、鍼をうってもらって、忘れていた古い痛みが 出ることがありますか?また、それは 効いている証拠でしょうか。その場合、痛んでいるうちに、次の治療をしたほうがいいですか?
続きを読む >>
author:松鶴堂治療院, category:鞭打ち, 13:37
-, trackbacks(0), pookmark
ムチウチ(むち打ち)・交通事故後遺症に鍼灸
交通事故では、想像以上の強い衝撃とともに頭が振り子のように振れ、首を支える骨(頸椎)が鞭のようにしなり、頸椎に損傷を与えます。これがむちうち・頸椎捻挫です。 人間の首は、脳から全身への神経が集中しており、頸椎に強い衝撃を受けてしまうと、関節の炎症だけでなく、周りの神経を傷つけ、首周辺の違和感や首から下の部分に障害を引き起こします。 むちうち・頸椎捻挫の症状は、交通事故から数時間〜翌日に現れることもありますが、多くの場合、数日〜数週間後に現れます。事故から2ヶ月経ったあたりでむちうち・頸椎捻挫の症状が現れる事も少なくありません。 交通事故という強い衝撃が加わることで、首にはひずみがおこります。頚椎は正しい地位にないため、症状がおこり、長期化にもつながります。当院では、鍼により頚椎を整えることと、筋肉より起こる、痛みに対して、治療を行ないます。できる限り、早期の治療をお勧めします。
続きを読む >>
author:松鶴堂治療院, category:鞭打ち, 17:18
-, trackbacks(0), pookmark