RSS | ATOM | SEARCH
突発性難聴などからくる耳鳴り
突発性難聴の鍼灸治療はこちらをクリック

周囲に音源が存在しないのに耳に異音が聞こえる状態のことです。中には頭の中でなっているように感じる頭なりを訴える人もいます。 ほとんどが自覚的耳鳴りといって自分にしか聞こえない耳鳴りですが,希に他覚的耳鳴りといって他人にも聞こえる耳鳴りもあります。 原因やメカニズムはまだ正確に解明されていません。いつの間にか止んでいるようであれば心配は無用ですが、ずっと付き纏って消えないようであれば何かの病気の前触れかもしれません。
耳鳴り、難聴などの症状が出ている場合、頸まわりの筋肉の緊張が均等ではなく前後左右と差が出てきます。その筋肉の緊張を鍼・灸を使用し整えてあげることにより、バランスのとれた位置に安定させる事が重要です。また、自律神経の調整を行い、精神の安定をはかり、内耳の血流改善を目的に行います。耳周囲と後頭部の圧痛部、」硬結部、筋緊張部に主に施術を行っていきます。頭部だけでなく、首、肩のこり、、体の冷え、胃腸の不具合、便秘や下痢、イライラや不安などの気分の状態、頭痛、体の痛み、不眠や睡眠障害、疲れ、倦怠感など全身的に状態を改善することで耳鳴り・難聴の治療を行っていきます。
続きを読む >>
author:松鶴堂治療院, category:耳鳴, 15:55
-, trackbacks(0), pookmark
中耳炎からの耳鳴り、耳だれ、耳の痛み、耳の痒み、外耳炎、内耳炎
中耳炎からの耳鳴り、耳の痛みの鍼灸治療はこちらをクリック


耳は、外耳と言われる外からでも見ることができる部分と聴覚や平衡感覚をつかさどる組織のある内耳、そして外耳と内耳をつなげる役割のある中耳という機能があります。
中耳炎は、その中耳という部分に細菌やウィルスが入り込んでしまい、炎症をきたすことで発症する疾患です。
中耳炎は、子供に多くかかる疾患ということは知られています。3歳までに一度は中耳炎にかかる子供の割合は約8割とも言われていますが、中耳炎は子供にだけかかる疾患ではありません。成人にもかかる危険性もあり、成人の場合重症化しやすく、難聴や耳鳴りなどの原因になったりするので注意が必要です。
中耳炎は、主に風邪などの細菌やウィルスが中耳に至って感染して炎症を起こしてしまい発症します。中耳炎は、耳の病気で耳から細菌やウィルスが侵入すると思われがちですが、実はそういうわけではなく、鼻やのどから侵入して耳管を通って発症することが多いです。
中耳炎は、子供にかかりやすいですが大人にもかかることもあり、特に大人が中耳炎にかかる場合は『ストレス過多状態』『睡眠不足』『過労』で免疫力の低下や自律神経のバランス乱れが原因となり、発症することが多いです。
中耳炎には、鍼灸治療が非常に有効です。鼓膜チューブをしている難治の乳幼児でも鍼灸治療を始めるとごく短期間で中耳炎が治ることがしばしばあります。また、鍼灸治療を行うと免疫力もどんどん強くなるので再発しにくくなります。以前は風邪をひくとすぐに中耳炎になっていたという子でも鍼灸治療を始めたら、ごく短期間で風邪をひいても中耳炎にならなくなったということがしばしばあります。また鍼灸治療を継続することにより風邪自体もひきにくくなります。
続きを読む >>
author:松鶴堂治療院, category:耳鳴, 08:59
-, trackbacks(0), pookmark
難聴による鍼灸治療
耳鳴りと聴力低下に悩んでいます。
聴力はだんだんと落ちてきています。
会話では何度も聞き返す事が増えてきています。
聴力低下にも鍼治療は効果があるのでしょうか。
続きを読む >>
author:松鶴堂治療院, category:耳鳴, 17:40
-, trackbacks(0), pookmark
産後の耳鳴りと不眠に鍼灸治療、産後うつ病の疑い
こんにちは。産後一ヶ月半になる主婦です。
以前から時々耳鳴りがしていましたが、産後ひどくなり、不眠に悩んでいます。
そちらに一度だけ伺い、あと家でお灸をするというのはどうでしょうか?
赤ちゃんの世話で外出もままならず、できればお灸で少しでもよくなればと思います。
よろしくお願いします。









続きを読む >>
author:松鶴堂治療院, category:耳鳴, 15:55
-, trackbacks(0), pookmark